あしたのジョー

いよいよ・・・

GWは穂高に行きます、メンバーは3人または4人です。
5月の穂高連峰は初めてなので、今からとても楽しみにしています。

山口県からは高速道路を利用しても、随分と時間がかかりますが、
交通費が安いので(新幹線利用は楽ですが出費多)出来るだけマイカーを利用しています。
メンバーで交代(2時間くらいで)しながら運転しますが、
それでも車中なかなか寝れなくて、翌朝の歩きがツライところですね。(いつものことですが・・・)

具体的な日程及びコースはHPをご覧になってください。
上高地~明神~徳沢~横尾まではルンルン気分で歩けますが、
横尾から涸沢までの登り(夏で3時間)が勝負どころです。

出来るだけ軽量化したいのですが、(いつも)思いっきり悩みます。
寒くて寝れないと困るし・・・一眼レフを持って行きたいが重いし・・・なんて
出したり、入れたり何度もしています。

今回はテント泊なので、テントと寝袋(冬用)が以外にかさ張り、
65~75Lのザックでも、めいっぱいになりました。

でも、大丈夫です、辛い事以上に素晴らしい感動が(いつも)私を満たしてくれるから!
スポンサーサイト
  1. 2005/04/28(木) 09:43:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

右田ヶ岳にて

私が敬愛している先輩と、(本番間近とあって)
いかにも大げさな格好の私(重登山靴に大きなザック)で、右田ヶ岳に登ってきました。

土曜日ともなると、特に多くの登山者を集める右田ヶ岳です。
熊本からマイクロバスでやってきた団体さん、懐かしい方、よく見かける方など、
季節も良いせいか、とても賑やかです。

いつもより重心が高いせいか、少しフラフラしていましたが、先輩のアドバイスで、
肩のベルトを締め直したら、ずいぶん体にフィットしてきました。
その他特に問題も無く、これなら本番もなんとかいけそうです。

見た目が大きいザック(65~75L)なので、
すれ違う登山者の方が、少しビックリしているようでしたが、重量はそんなにありません。
さらには山頂で、ちょっと背負わしてくださ~いなんて若い方が二人、
代わる代わる背負っていましたが、案外大丈夫で、少し自信がついたかな~

これから右田ヶ岳は、稜線上に日陰が無い(その分展望がいい)ので、厳しい季節を迎えます。
  1. 2005/04/23(土) 09:44:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふぅ~

昨日、山の会の集会に久しぶりに顔を出しました、5月連休の山行の打ち合わせです。

GWは(私は初めて)北アルプスの穂高に行く予定です。
穂高連峰は、2000年の夏に(衝撃的な!)北アルプスデビューを果たした私にとっては、
とても思い出深い山で、一度は五月連休に行って見たいと、
以前から憧れ思いつづけていたものです。

今回は、三人(あるいは四人で)のテント泊となり、装備品リストと照らし合わせながら、
まず持って行くものを床に揃え、ミレーのザック(65L~75L)に詰めていったのですが、
冬用の寝袋とテント(四人用)が、かなりかさ張り、
何度も入れなおして、無理やり押し込みなんとか収まりました。

重量は15~16kgといったところで、見た目の割りには軽いのでホットしています。
食事(朝食は持参)及び水が山小屋を利用できる事が軽く収まった理由でしょうか。

明日、近くの右田ヶ岳(普段トレーニングで登っている)に実際に背負って登ってみるつもりです。
この時期、重登山靴に大きなザックを背負って登っている方は、滅多にいないので、
少し気恥ずかしいのですが、本番前に必ず必要ですから、これも大事なトレーニングですね。
  1. 2005/04/22(金) 09:49:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陶ヶ岳にて

今日は、春山(あるいは夏山など)に向けての、山の会のトレーニング(歩荷とクライミング)です。
春爛漫に素晴らしい天気、心もウキウキ、前回は、少し寂しい二人だけでしたが、
今日は、男性7人に女性4人の合計11人となんともにぎやかです。

登山口になっている駐車場で、久しぶりに会う先輩方と挨拶を交わし、AM8:30出発。
少し歩くと、(登山路となっている)○○家の庭を通過します。
よく整備された竹林に、竹の子があちこちに顔を覗かせていました。

テラスを過ぎ、陶ヶ岳の山頂で少し休憩、爽やかな風が頬をなでます。
ここからが本格的な歩荷の始まり・・・

今日の私の荷物は14kgにザイル(11mm50m)1本、約16kgくらい、
最近は殆んど荷物を背負わないで登っていたので、亀山まで無事に行けるかどうか・・・
       ・
       ・
       ・
最南端の亀山まで何度もアップダウンがあり、トレーニングには最適なんですが、かなりハード!
       ・
       ・
       ・
なんとか辿り着いた亀山では、瀬戸内の彼方に九州の由布岳(1583m)や鶴見岳(1374m)が見えました。
       ・
       ・
       ・
行きはヨイヨイ、帰りはフラフラ、それでも何とか(12時過ぎ)テラス迄戻る事が出来ました。

ほんとうにキツイ縦走でしたが、タップリ汗を出した後の冷たいビールは最高!
生きていてよかったぁ! 

昼食後、準備をして、国体ルートでクライミングの練習です。
今日は人数が多いので、2本/1人づつトライしたらもう5時前でした。
お疲れ様でした~
  1. 2005/04/17(日) 09:50:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりのクライミング

先週の日曜日に予定していた、陶ヶ岳での歩荷&クライミングが、雨で中止になり、
今日は番外として、(今年初めての)クライミングの練習です。

陶ヶ岳の登山口となっている駐車場には、
(聞けば○関山岳会)の車が、数台すでに駐車しています、愛媛ナンバーの車も一台やって来ました。
ここ陶ヶ岳は、県内では数少ないゲレンデとして有名ですから、特に日曜日は大賑わいです。
気になる天気ですが、(予報では)午前中はなんとかもちそうなので大丈夫でしょう。
Fさんの他に誰が来るのか楽しみでしたが、Fさんと私の二人だけです、
少し寂しいのですが、クライミングの練習には最低二人いればできます。

まず、火の山まで歩荷をし、いい汗をかきます。
小さい可憐な白い花を無数につけた、アセビの木があちらこちらに満開でした。
テラスに戻り、少し休憩をして、いよいよ岩場に向かいます。

いつも最初に始める国体コースには、すでにザイルが数本張られていて、
その手前のノーマルコースにも数人入っています。
(最近は、若い女性にもクライミングが人気のようです、いいなぁ~)
我々が入る余地が無く、距離は短い別なルート(初めて)にチャレンジです。
そのルートを難なく(何とか?)クリアーし、上にザイルを伸ばします。
続きはまた・・・
  1. 2005/04/03(日) 09:51:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感謝!

昨日の勤務で、1年と8ヶ月在籍した派遣先企業のMEC山口ともお別れです。
お世話になった職場の上司の方や、仲間の皆さんに心からお礼申し上げます。
時に厳しい上司の方や、辛抱強く何度も教えていただいた仲間の皆さん、
ほんとうにありがとうございました。
辛い事もありましたが、(何とか?)楽しく働くことが出来ました。

それと共に、20年勤めた会社ともあと残り僅かとなってきました。
とりあえず、今日はハローワークに行って求職票を提出してきました。
今日から、残っている有給休暇の消化になり、しばらくは毎日が休みです。
  1. 2005/04/01(金) 09:54:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

dreamdash55

Author:dreamdash55
体力・脳力の衰えをヒシヒシと感じる今日この頃、タメになる話はありませんが、つれづれなるままに書き綴っていきます。尚、信憑性にはあまり自信がありません・・・写真はクリックすると拡大表示されます。

最近の記事

最近のコメント

過去ログ