あしたのジョー

飯ヶ岳(937m)~雀谷山(890m)の縦走

img_170472_14948142_0.jpgimg_170472_14948142_1.jpgimg_170472_14948142_2.jpgimg_170472_14948142_3.jpg
私が敬愛する山仲間の先輩二人と、山口市(旧徳地町)の飯ヶ岳(937m)~雀谷山(890m)を縦走してきました。

8月連休以降、右田ヶ岳以外の山に縁がなくて、最近さすがに右田ヶ岳も飽きてきて、
どこかいい山がないかと思案中、飯ヶ岳~雀谷山の縦走はどうだろうと提案があったのだ。

飯ヶ岳は(数年前に)一度登っているが、今回のルートは滑(なめら)国有林側からということで、
どんなコースなんだろう~と、久々に期待に胸がふくらんでいた。
飯ヶ岳は、(周りの)莇ヶ岳・弟見山・野道山・三つヶ峰などの著名な山の陰に隠れた存在なのだが、
最近はよく登られているらしい。

朝のうちは雲ひとつなく、快晴を予感させたが、滑集落に着いた頃は、どんよりとした曇り空になっていた。
滑集落は、戸数わずかの寂しいくらいの集落で、空き地に車を止めた直後、すぐ傍の民家から、
車の音を聞きつけて出てきたのか、住人らしい男性の方に、飯ヶ岳~雀谷山の様子を聞き、駐車の許可を得た。

駐車場から飯ヶ岳の登山口までは、沢の音を右に聞きながら林道をしばらく歩く。
林道最奥の駐車場(ここまで約1時間)から本格的な山道になっている。
橋を渡り尾根道を登るルートと、沢登りのルートがあり、今回は尾根道を登ることにした。

橋を渡った直後から急登が連続し、
すぐに、滑国有林の由来になったのか、(説明板あり)”滑松”の太い幹が数本すくっと天高く伸びていた。
ひとつ勉強した気分で、さらに急登をあえぎながら登り、(少し早いが)所々紅葉に染まった木々を満喫しながら、
1時間くらいで飯ヶ岳(937m)の山頂に着いた。

山頂は少し風があり、少々寒かった、防寒着を持ってきていてよかった、二人の先輩も同じだ。
いつもなら、いい汗をかいた後の冷たいビールが美味いのだが、あまり欲しくもならず早めの昼食。
以前きたときより、山頂の展望が抜群に良くなっていて、暫くは少し霞んだ周りの景色に目をやった。
視界が利けばもっと良いのだが・・・

休憩の後、いよいよ雀谷山(890m)への縦走になる。
途中、何度もアップダウン(若干の藪漕ぎもあり)があり、最後の大くだりの後とてつもない急登に、
思わず両手で笹をひっつかんで喘ぎながら登ると、ようやく下山する分岐点に着いた。

ここ分岐点から雀谷山(890m)までは早足で約15分、何度かのアップダウンの後、
雀谷山は(聞いていたとおり)狭い山頂で全く展望もなく、記念写真を撮ったらそそくさと戻った。

分岐点まで戻った頃から天気が良くなり、休憩の後、広く刈られた明るい尾根道を快適に下る。

途中、”鬼が城”と呼ばれる巨岩の堆積した場所を通り過ぎると、急に視界が開け、
まだ小さいヒノキの苗木の間をジグザグに下り、やがて林道に出る。
林道では、小粒な野イチゴの赤い実を、口にほお張りながらテクテク歩き、車を止めた駐車場に戻った。

全工程約6時間、飯ヶ岳~雀谷山の縦走路(約2時間)はブナの自然林などがあって、
迷うような所もなく、若干の藪漕ぎはありますが(笹の背丈も低く)、素晴らしい縦走(周回)コースでした。

健脚の方も、そうでない方も気の会う仲間同士で、たくさんの人に登って欲しいコースです。

<参考コースタイム>
滑集落→(60分)→飯ヶ岳登山口→(60分)→飯ヶ岳山頂→(100分)→分岐→(15分)→雀谷山
→(15分)→分岐→(40分)→雀谷山登山口→(35分)→滑集落
スポンサーサイト
  1. 2005/10/30(日) 07:04:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きらら浜まで流星号に乗って

img_170472_14739528_0.jpg
img_170472_14739528_1.jpg
img_170472_14739528_2.jpg
愛車の流星号に乗り、山口県立きららスポーツ交流公園(山口市阿知須)へツーリング。

第43回技能五輪全国大会が、28(金)~31(月)まで県内の7つの会場で開催され、
きららスポーツ交流公園でも、競技種目の一部
(機会組み立て、メカトロニクス、木型、タイル貼り、配管、電工、・・・)が開催される。

明日の天気があまり良くないので、トレーニングを兼ねて、今日行って見る事にした。

天気もよく、爽やかな風が気持ちいいのだが、それも、道の駅「あいお」まで、そろそろ足が・・・
のんびり行こうと勝手に決めつけ、ここで休~憩。

少し元気を取り戻し、南部海岸道路をひた走ると、やがて周防大橋が遠くに見えてくる。
ここから海を隔てて、きらら浜の真っ白いドームが霞んで見えていた。まだまだ・・・

ようやく辿り着いたきらら浜、なんと言ってもドーム(多目的ドーム)の真っ白い屋根が目に眩しい。

実際の競技は明日からだが、準備の為、多目的ドーム内は大勢の関係者でごったがえしていた。

自宅~南部海岸道路~道の駅「あいお」~周防大橋~道の駅「阿知須」~きらら浜~自宅まで、
本日の走行距離、64.6kmでした、あ~ぁ疲れた・・・
  1. 2005/10/28(金) 07:10:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センブリの花

img_170472_14636459_0.jpg
私のブログにしては珍しく、今日は花の写真です。
いつもの右田ヶ岳です、久しぶりに別のルートを下山しましたが、その途中で見つけた花です。

花の名前といえば、特別詳しいわけでなく、(山仲間から)名前を教えてもらっても、
覚えようという気がないのか(覚えられないのか?)、そのうちに忘れてしまうのです。

足元にひっそりと咲いていたのを、偶然に見つけ、その可憐さに思わずシャッターを押しました。

センブリ<千振>(リンドウ科センブリ属)と言うらしい。
日当たりの良い草地に生える2年草、全草に苦味がある、茎は高さ20~25cmになり、
淡紫色を帯びる、葉は対生し、長さ1~4cmの細長い線形。花は直径2~3cm、5深烈し、
烈片は白色で、紫色のすじがある。
花期:9~11月、分布:北海道(西南部)、本州、四国、九州
苦味健胃薬としてよく知られる。
和名も千回振り出しても苦味がなくならないので、千振とつけられたといわれる。
写真の下に日当たりのよい草地に生えるが、すっかり数が減った・・・とある。
                    山と渓谷社の「山に咲く花」より

よく出会うHさんと、下松から見えた(初めて会った)Tさんの三人で、久しぶりに歩いたルートでの出来事。
  1. 2005/10/27(木) 07:13:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きらら山口2005

img_170472_14453704_0.jpgimg_170472_14453704_1.jpgimg_170472_14453704_2.jpgimg_170472_14453704_3.jpg
第43回技能五輪全国大会(技能維新!きらら山口2005)が、
28日(金)~31日(月)まで、山口県内7つの会場で開催されます。

私が職業訓練を受けている、雇用・能力開発機構山口センター(ポリテクセンター山口)でも、
会場の一つになっていて、抜き型・旋盤・電気溶接・自動車板金・曲げ板金の5つの職種において、
若い方々(23歳以下)の卓越した技能の競演が展開されます。

(私達の)教室の隣の建物では、既に旋盤の競技が開かれていて、休憩の合間に覗いて見ました。

課題は、限られた時間(5時間半)の中で、五つの鋼材の丸棒から旋盤の技能を駆使して、
それぞれ図面に従って高精度な部品を仕上げていくものです。

全国から、企業を代表して出場している若い方が、区切られたスペースの中で、
必死に旋盤を操作していて、その緊張した空気がヒシヒシと見る側にも伝わってきます。

会場内の人ごみと違い、旋盤を囲っているそのスペースの中は全く異質な空間のようで、
キビキビとした動作を見ていると、感動すら覚えるのは私だけではないでしょう。

旋盤の周りに配置された数十種類のバイトや測定機器、切削油の置き方ひとつをとっても、
それぞれに工夫されていて、旋盤を操作したり切削油を取る動作を見てもとにかく正確で早い。

未来を担う若人と、選手をサポートする多くのスタッフの方にも、心から応援と拍手を送ります。

尚、期間中は会場周辺では無料シャトルバスも運行されるようです。
ぜひ、各会場に足を運んで、その研鑽された技を実際に見て欲しいものです。

参考までに、山口県総合保健会館、山口県維新百年記念公園、雇用・能力開発機構山口センター、
山口県セミナーパーク、山口県立きららスポーツ交流公園、山口県消防学校、マツダ(株)防府工場
が会場になっています。詳細は http://www.pref.yamaguchi.jp/gyosei/ginou/
  1. 2005/10/25(火) 06:55:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陶ヶ岳(山口市)にて

img_170472_13588001_0.jpgimg_170472_13588001_1.jpgimg_170472_13588001_2.jpgimg_170472_13588001_3.jpg
本日、山口県地方は雲ひとつ無い日本晴れ !

今日は、「防府山の会」の月に一度の歩荷及びクライミングの練習日。
AM9:00集合、陶ヶ岳登山口駐車場(注)には、既に多くの車が止めてあった。
歩荷のトレーニングにも、クライミングの練習にも、とてもいい季節ですね。

女性2名に男性10名、総勢12名、(たくさん集まったなぁ~)
近況などを手短に話したら、とりあえず陶ヶ岳直下のテラスまで歩きます。

テラスから、陶ヶ岳連山の中の最高峰である火の山(303.6m)まで往復約2時間の歩荷、
天気も良く気分は最高 !
汗をたっぷりかいた頬に吹く風がとても爽やか。

火の山山頂からは、九州の由布岳(大分県:1583m)が、はるか彼方に見えた。

陶ヶ岳の岩場まで戻り、国体コースで1本づつ、
その後ちょっと遅くなったけど、にぎやかな昼食、(久しぶりの)冷たいビールが何とも美味 !

昼食後は、主にノーマルルートでそれぞれ1本づつ、
(過去何度かチャレンジはしたが)今まで登れなかったノーマルルートのすぐ上のルートを、
今回始めて登れて、とても嬉しい (^_^) ★★★充実感タップリ

(写真1)左端が亀山(300m)、最高峰が火の山(303.6m)、中央やや右岩場が見える陶ヶ岳(252m)
(写真2)旧小郡駅、現在新山口駅周辺
(写真3)遠くに阿知須きらら浜
(写真4)南側から見た陶ヶ岳の岩場

 注)私有地です、寄付金箱あります。
  1. 2005/10/16(日) 06:58:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東鳳翩山 から西鳳翩山への稜線

img_170472_13302051_0.jpg
レイヤーを分けて、基準線、柱・壁、建具、仕上(ハッチングや寸法など)を描き込んでいきます。
用紙枠を入れると、かなりそれらしくなってきました。

何度も繰り返してコマンドを操作したり、どうしても分からなければ、隣の方に聞いたりして、
だいぶスムースに使いこなせるようになってきた感じです。

結果がすぐ出るので、結構面白く、
理解が増すにつれ、このソフト(jw_cad)の素晴らしさが実感出来ます。

ところで、目が疲れるので、1時間くらい作業をしたら、しばし休憩します。

(写真)教室に続く階段の踊り場から
山口市の東鳳翩山(ひがしほうべんざん:734m) から西鳳翩山(にしほうべんざん:742m)
への稜線が、一望に見渡せます。

これまで、記憶にある限り、二度、この縦走路を往復(約3時間くらい)しています。
ほとんど樹木による日影も無く、開けているので夏場はかなりきついです。

左のピークが西鳳翩山、鉄塔がいくつも建っていて、車でも行けるので、人気はいまひとつ。
右のピークが東鳳翩山、独立峰で360度の展望! 
岩崎元郎さんの新日本百名山にも選ばれており、(私も好きな)県内でも指折りの名山。
天気がいいと、北に日本海、南に瀬戸内海が望めます。
  1. 2005/10/13(木) 07:02:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

jw_cad は難しい・・・

フリーソフトの建築用CAD jw_cad を使用して図面を書き始めました。
各コマンドの使い方がよく理解できず、四苦八苦しています。

先生が説明している時は、フンフンと分かっているのが、いざ、自分でやってみると、
もう忘れていて、あれを押して、これを押して、右、左 ええっ ???

何度もやり直し、やり直し、~~~ ふう~
最後には、手に汗をかいて、マウスがベトベト・・・

基本設定の色・画面、線種、文字、線属性などの関連付けが頭の中で整理出来ません。
ワード・エクセルなら、多少なりとも、使えるのに・・・
初めて使うソフトはこんなものかなぁ~

それでも、いくつかのコマンドは使えるようになって、特にコーナー処理や包絡など、
とても便利なコマンドが、思ったとうりに決まると、何とも嬉しいものです。

明日から三連休、少し家でも練習して、皆さんから取り残されないようにしないとね。
  1. 2005/10/07(金) 07:06:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不思議なご縁

今日は一日、パソコンの初歩的な操作方法についての講習です。

インターネットの普及等で、皆さんパソコンには慣れているみたい、
中には初めてという方もいらっしゃるので、起動のやり方から説明です。

ポリテクセンター山口では、建築用のCADとして、フリーソフトの jw_cad を使用します。
興味のある方は(http://www.forest.impress.co.jp/article/2000/11/28/jw_win.html)で入手できます。
私も帰宅後、早速ダウンロードしてインストールしておきました。

ところで、以前山口県林業指導センターで、
刈払い機とチェーンソーの研修(7/25~7/29)に参加した時に、同じ班だったYさんと、
またまたご一緒する事になりました。
さらには、派遣社員としてお世話になった、MEC山口の同じ職場にいたKさん(班は違う)とも、
何とも不思議なご縁ですね。

これからの六ヶ月は、自己の能力開発や技術の習得は勿論ですが、
同じ目標(再就職)を持つ仲間として、とても有意義な時間を過ごせそうな予感がします。
  1. 2005/10/05(水) 07:07:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職業訓練校入所式

今日は、職業訓練校の入所式です。

午前中は、入所式・オリエンテーション、安全衛生に関する講話、受講・雇用保険手続きの説明等
午後から、キャリア形成、科別オリエンテーション、となっています。

今月はパソコンOS・文書作成(建築)・表計算(建築)・建築CAD1・建築CAD2
となっており、ノコギリやノミといった大工道具の使用は、まだまだ先のようです。
どのような職種に於いても、(最近は)パソコンは使えて当たり前なんですね。

私の所属する住宅サービス科は、総勢16名、その内女性が1名です。
何と、女子アナ系の美人です (^_^.) 、これから人気を独り占めしそうです。
訓練終了が午後2時半となっていて、少し早くて残念ですが仕方ありません。

今日から六ヶ月間、自己の能力開発・技術の取得に励むべく、それなりに頑張ってみるつもりです。
  1. 2005/10/04(火) 07:08:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オークションは楽しい!

訳あって、六月から毎日が日曜日になり、これをいい機会と捉え、
以前からやってみたかったオークションを楽しんでいます。
不要な物が整理出来、お小遣い稼ぎにもなって一石二鳥!

オークションを始めてみたいと思っておられる方に、少しでも参考になればと思い、
出品する際に私が気をつけている事を、いくつか紹介します。

1.商品の写真は可能な限り鮮明に、入札者の方が見たいところは特に。
2.背景には余計なものが写らないように気をつけて。
3.オークション終了日時は、主に週末を中心にしておき、終了は必ず見届ける。
4.落札者様へのファーストメールは迅速(30分以内を心がけて)に。
5.送料を負担して頂く場合は、梱包する前の状態で大きさ・重さを計り送料(参考)を明記する。
6.オークション終了日までには、発送出来るよう早めに準備をしておく。
7.商品は丁寧に清掃して梱包し、壊れやすい商品は、箱に補強などをして頑丈にする。
8.間違っても髪の毛がついていたりしないように気をつける。
9.入金の確認後の発送及び発送完了メールはその日のうちに。
10.ファーストメール送信後の(落札者様からの)連絡メールは気長に待つ。

次に、苦労している事、
1.大きい商品や重い商品などは、とにかく梱包が大変。
  → 私は、自転車屋さんでダンボール箱をもらって自作しています。

取引件数は少ないのですが、いずれも、気持ちの良いお取引をさせていただきました。
これまでお取引いただいた皆さんには、心から感謝申し上げます。

これからも素敵な方々との出会いを大切にし、オークションを楽しんでいきたいと思います。
  1. 2005/10/02(日) 07:10:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

dreamdash55

Author:dreamdash55
体力・脳力の衰えをヒシヒシと感じる今日この頃、タメになる話はありませんが、つれづれなるままに書き綴っていきます。尚、信憑性にはあまり自信がありません・・・写真はクリックすると拡大表示されます。

最近の記事

最近のコメント

過去ログ