あしたのジョー

麦秋

IMG_0207-1.jpg
午前中に、陶ヶ岳(252m)~火ノ山(303.6m)~亀山(  m)往復。
ここの往復は年々厳しくなる一方だ・・・
が、ときおり吹く風は爽やかだし、稜線から見る麦秋は来る夏を感じさせてくれる。
ヨレヨレになりながらもテラスに戻り昼食、午後から陶ヶ岳の岩場でクライミングの練習。
集中力が持続出来なくなったが、何とか、それなりの練習にはなったと思う・・・
時々遠くブルーインパルスの爆音が響いていた。
今日の参加者 男性5名 女性3名

昨日、家の前の田んぼに小さな苗が植えてありました。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 17:46:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

爽やか~

20090530135732
曇り空だが、涼しいうちにと思い、10時には右田ヶ岳の山頂についた。
たくさんの登山者には驚いたが、
聞けば、明日の航空祭の予行演習に、ブルーインパルスが飛来するらしい。
混雑する基地での観覧に比べ、ここ右田ヶ岳の山頂から見る曲技飛行は格別だ。
たぶん明日の右田ヶ岳は登山者でいっぱいかな~

午後から、愛車の流星号(MTB)で町に出た。
町に出るというのがぴったりの田舎に住んでいるが、
左手に佐波川を見ながら走るこの県道は、僕のお気に入り。
図書館に行き、新聞やら雑誌を読みふけった。
(これから暑くなる夏場は図書館はおすすめ!)

明日は久しぶりに陶ヶ岳で山の会のトレーニング。
  1. 2009/05/30(土) 13:57:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

曇り時々小雨

IMG_0196-1.jpg
夏場の右田ヶ岳は、木陰がないので暑くてなかなか足が向きませんが、
今日は、時々降る小雨も苦にならず、いやはや涼しい~ 快適です!
真紅のツツジが、最後とばかりに咲き誇っているのが見られました。

山の会の8月例会の北岳、登った事がないので一度は登って見たいのですが、
日程、体力 ・・・どうかな~
  1. 2009/05/16(土) 12:59:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大平山(631m)のツツジ

20090509102305
20090509110140
25年前に、川崎市麻生区からUターンして、
私の故郷である防府市に、妻とまだ幼かった二人の子供を連れて帰郷した。
ほどなくして(正確には忘れてしまった・・・)、
その子供たちを、オダてたり、ナダめたりしながら、長~い自動車道を歩いて登った。
その当時の山頂は、今日のように綺麗な公園に整備はしていなくて、
ミニ動物園と、アスレチックコース(その頃ハヤっていた)が設置してあった。

今日は、孫を連れてやってきた、ロープウェイ(往復1000円/一人)であっという間に山頂駅。
8部咲きといった数万本(?)のツツジがとても綺麗で、
展望台から見る瀬戸内海や右田ヶ岳、そして防府平野の様子は昔とさほど変わらない。
ただ、花に群がるクマンバチには困った。

帰宅後、午後まだ日も高い頃から、我が家の狭い庭で初のバーベキュー。
バーベキューコンロは、20年前にこの日のために買っておいたもの、
テーブル・イスは3年前の職業訓練学校で、
在来工法による木造家屋を建築した残りの材木で各自作ったものだ。(課程の総仕上げの意)
ようやくにして実現した、庭でバーベキュー、舌鼓を打ちながら美味しくいただいた。
  1. 2009/05/09(土) 10:23:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの高岳山と三ツヶ峰

IMG_0157.jpg
IMG_0133.jpg
IMG_0169.jpg
総勢8名で、ほんとうに久しぶりの高岳山と三ツヶ峰に登ってきた。
桐ヶ峠まではギンリョウソウやイカリソウ。
桐ヶ峠から左の高岳山へ向かう稜線は、昔と全く変わりなく快適な尾根歩きが楽しめる。
傍らに咲く可憐なイワカガミの群生に感激! さながら撮影会だ。
高岳山展望台から望む、堂々とした十種ヶ峰と、麓に広がる鏡のような水田。
さらに、桐ヶ峠から三ツヶ峰往復は、僕にとっては初挑戦。
多少のヤブこぎも大勢なら楽しく、時折稜線を吹く風が何とも爽やかで心地よい。
登山道の傍らには、イワカガミ・ギンリョウソウ・イカリソウ・etc 咲き乱れていた。
写真下は三ツヶ峰山頂から見た十種ヶ峰。
  1. 2009/05/06(水) 19:20:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

銀竜草

IMG_0126-1.jpg
右田ヶ岳の登山道で出会った 「ギンリョウソウ」 です。 
銀竜草/別名 ユウレイタケ と言うそうですが、こんなにたくさんだと何だか面白いですよね。
僕も僕も・・・ わしもわしも ・・・だんだん不気味に見えてくる~
  1. 2009/05/05(火) 13:23:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

由布岳(1584m)

IMG_0038-1.jpg
IMG_0067-1.jpg
IMG_0124-1.jpg
さて、前日の鶴見岳で足慣らしをした僕たちは、二人とも初挑戦の由布岳へ。
日向越を経由する由布岳東登山道から東峰を目指し、メインルートを下山することにした。
午前6時にテン場を発ち、7時に日向越、8時27分に東峰山頂に到着。
東峰山頂から一旦、鞍部(マタエ)に下り、西峰に登り、お鉢巡りをして再度東峰に登った。
東峰から再度マタエに下り、そして緩やかなメインルート(これがやたら長~い)を下山した。
マタエが10時10分、合野越に11時、テン場に11時半到着。
アドベンチャールートが好きな方には、(今回の)
東登山道から登り、お鉢巡りをして、ダラダラなメインルートを下山するのがお勧めです。
余談ですが、登山口の緯度経度を事前に調べて、カーナビにインプットしましょう。
これはATさんの案ですが、カーナビへの目的地の設定がとても簡単に出来ますよ。
緯度経度ですが、当HPのLinkページの国土地理院の地図閲覧サービスから、
目的地をダブルクリックすれば簡単に調べることが出来ます。
ぜひお試し下さい。
  1. 2009/05/03(日) 19:29:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶴見岳(1375m)

IMG_0029-1_20090503210517.jpg
山の会の先輩のATさんと、テントを車に積んでやってきた。
明日の由布岳(写真上左)を本番にして、今日は隣の鶴見岳へ足慣らし。(・・・のつもり)
鶴見岳山頂は、たくさんのTVアンテナ塔が林立しており、おまけに
山頂直下までロープウェイがあるので、多くの観光客で一杯だ。
下山後、今夜と明日の食料を調達すべく買出し、その後由布岳正面登山口に移動して、
由布岳を正面に見る絶好の駐車場(但し有料500円/日)に車を止め、
車の側でそれぞれマイテント泊。
明日の天候は気にはなるが、満点の星空を眺めながら、(あいにくこれはない・・・)
久しぶりの缶ビールとワンカップで、気持ちよく眠りにつきたかったが、
深夜、やまなみハイウェイを走り回る暴走族(?)に、安眠を邪魔される ・・・やれやれ
IMG_0047-1.jpg
  1. 2009/05/02(土) 12:15:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

dreamdash55

Author:dreamdash55
体力・脳力の衰えをヒシヒシと感じる今日この頃、タメになる話はありませんが、つれづれなるままに書き綴っていきます。尚、信憑性にはあまり自信がありません・・・写真はクリックすると拡大表示されます。

最近の記事

最近のコメント

過去ログ