あしたのジョー

干し柿です


先日、娘が渋柿をダンボールにたくさん入れて持ってきた。
で、何をするかと言えば、今から干し柿を作るのだと言う。
最近、ようやくぎこちなく歩き始めた次男を膝に乗せ、せっせせっせと皮を剥いている。

昔であれば、軒先に吊るせばいいのだが、我が家にはそのような長い軒先がない・・・
しかたなく、2階のベランダの下側に園芸用の棒を取り付け、急遽吊るせるようにした。
こうして眺めていると、何となく、秋を感じ風情があっていいものだ。

幼少の頃、干し柿になる前に(見る度に)無くなっていた事を思い出した、兄弟が4人いる。
幸せなことに、兄と妹は同じ市内に、すぐ下の妹は北海道に、今も皆健在。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/26(水) 07:37:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IMG_0921.jpgIMG_0929.jpg
今回はレンタカーを借り、5人で、大分県由布市の白水鉱泉黒嶽荘のバンガローに無事到着。
食材は途中のスーパーで調達し、今夜は鍋で豪勢な宴会。(15日)

翌朝(16日)、Sさんは体調不調により登山は無理とのこと、残念・・・
4人で黒嶽荘内の登山口から登山開始、出発予定時間から1時間半の遅れも何のその。
登り始めて暫くして、今度はHさんが遅れはじめ、Mさんが一緒に連れて戻ることになり、
結局、私とFリーダーの二人で黒岳を目指すことになった。

前岳(1334m)までは、シャクナゲが多く登山道も明瞭で案内板もしっかり確認出来たが、
前岳~高塚山(1587m)の間は、いたるところ、踏み跡に落ち葉が重なり非常に分り難い、
案内板も倒れて(割れて)いるものもあり、迷いそうなところ多々あり。
赤や黄色のテープを確認しながら、さながらジャングル探検のようでした。(写真)

おまけに黒嶽荘で汲んだ水が炭酸水で、他に水もなく、無いよりはましくらい・・・
挙句、食料も全く持参せず、Fリーダーのチョコが唯一の食べ物。
ただ、天気は良く、視界が開けたところでは、始まったばかりの紅葉を堪能した。

登りの黒嶽荘~前岳~高塚山のルートは、我々の他登山者には全く出会わず、
逆に、下りの高塚山~男池ルートでは大勢の登山者に出会った。

登りのルート、足元の穴に踏み込まないようすれば特別危険な箇所はありませんが、
一人では行きたくないですね。

シャクナゲの咲く時期がお勧め、紅葉はこれから本番~
それに男池の清冽な湧水が印象的でした。
  1. 2011/10/23(日) 19:19:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道の駅「きららあじす」へ

IMG_0878.jpgIMG_0880.jpg
昼時に着いたせいか、売店(野菜売り場・特産品売り場・パン工房など)の中は大勢の人だ。
いなりと好物の柿を買い(今度買う時はヘタを見るべし)、きららドームへ向かう。
きららドームも山口国体の会場になっています。

・・・くたびれはてて、帰宅してからがまた大変。
パソコンが起動しなくなり、止む無く再インストールをした。
再インストール用のCDーR4枚を順番に読み込み、XPのアップデートの度に再起動を繰り返し、
セキュリティソフトをUSBから読み込み、これまたアップデートの度に再起動を・・・
その他、必要なアプリを読み込んだり、窓の杜からフリーソフトをダウンロードしたり、ふぅ~

きららあじすの売店の後ろの壁に次のような色紙が掛けてあった。
努力するものは夢を語り、そうでない奴は愚痴をいう、全ての敵は己の中にあり・・・
夢を語ろうにも、もう余り先が無いかぁ~
  1. 2011/10/10(月) 22:01:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寂地山(1337m)~右谷山(1234m)

IMG_0834.jpgIMG_0851.jpg
寂地峡案内所「やませみ」・・・・・・登山口・・・・・・分岐・・・・・・寂地山
                 100分    60分    5分
寂地山・・・・・・分岐・・・・・・みのこし峠・・・・・・右谷山
     5分   30分        30分   
右谷山・・・・・・みのこし峠・・・・・・寂地峡駐車場
     25分      100分

鮮やかな錦絵にはまだですが秋の気配はもう、爽やかな天気に恵まれ、快適な縦走でした。
寂地山の山頂には、第18回の山口国体の炬火採火之地の石碑の右に、
第66回山口国民体育大会の炬火採火記念之碑の真新しい碑(やや小振りの)がありました。
ただし、寂地山も右谷山も、山頂からの展望は殆んどありません。
寂地山山頂での柳井から来ていた団体さんの賑やかな声と対照的に、
右谷山山頂では微かな鳥の声と、
木々の梢を渡る風の音だけが聞こえていたのが印象的でした。
木馬トンネルは、足元に何か転がっていても分からないくらい、暗かったですね。
銘水百選に選ばれている寂地の水、龍尾の滝側にある延命水は、しっかり持ち帰りました。
  1. 2011/10/09(日) 19:01:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

防府競輪場


おいでませ!山口国体
自転車(トラック・レース)が、ここ防府競輪場で10月5日~開催されている。
運良く今日は最終日、各県から多数の選手や関係者それに一般入場者も多い。
例のピスト自転車がズラリ、ブレーキは無い、とにかく軽くて早そうだが、
これを街中で乗る人がいるとは、何とも信じられない・・・

私は地元防府で生まれ育ったのに、今日初めて競輪場に足を踏み入れた。
グリーンの芝生と333mあるバンクやブルーのトラックが、後ろの天神山に映えてなかなか。
スプリント・4km団体追抜競争・チームスプリントと、さすがに真近に見ると迫力最高。
途中の駆け引きや、特にゴール直前での競り合いなど、声援の声にも思わず力が入る。
選手の皆さんサポーターの方々お疲れ様でした。

尚、第18回国民体育大会は1963年(昭和38年)に山口県を中心に開催された。
かすかに記憶の底にあるが、48年前だ・・・
  1. 2011/10/08(土) 10:03:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日の続き・・・

moblog_01dcfc0ds_20111002171152.jpg
  1. 2011/10/02(日) 14:23:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒガンバナ

IMG_0737_20111001132825.jpg
今年21回目の右田ヶ岳へ、
久しぶりに、Sさん、ATさんと一緒だ。
直登ルートの、いつかは登ってみたいと思いながら、
これまでは巻き道を登っていた途中の岩場を、
今日は3人でクライミングフル装備で登ってみることになった。
仲間が上で確保してくれていると思えば、安心感が全く違う。
最後の核心部も、コツさえ掴めば何ということもなく通過することが出来た。
次からザイルは必要ないなぁ~
爽やかな山頂は広島からの団体さんで溢れんばかり。

写真は今まさに満開のヒガンバナ。
それに今日は、第66回国民体育大会開幕、おいでませ!
  1. 2011/10/01(土) 13:23:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

dreamdash55

Author:dreamdash55
体力・脳力の衰えをヒシヒシと感じる今日この頃、タメになる話はありませんが、つれづれなるままに書き綴っていきます。尚、信憑性にはあまり自信がありません・・・写真はクリックすると拡大表示されます。

最近の記事

最近のコメント

過去ログ