あしたのジョー

大晦日

お正月は焼酎を朝から晩まで飲む日と決めている。
1年間、一生懸命働いた自分へのご褒美にと、wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
朝売新聞より
スポンサーサイト
  1. 2013/12/31(火) 14:52:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も残すところあと二日

DSCN0498_20131230142145375.jpg
今年最後となるか、右田ヶ岳(36)、
昨日の予報に反して小雨降る寒い中を、一緒に登ってくれる仲間に感謝しながら直登へ。
登るに連れて体が温まってきて、土日殆ど家から出なかったせいか、体を動かすのが心地よい。

ところで、辞めるの?辞めないの?
来年で定年退職するかしないか、目下の最大の課題なのですが、いまだに決められず・・・
優柔不断とはこのことですね。
まぁ~来年の事は来年考えるとして、今年も残すところあと二日、
それにしても、なんだか天候がよくありません。
最近は大掃除もしないし、隣近所を見回しても、子供の声もせず静かな年の瀬です。


  1. 2013/12/30(月) 14:20:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして・・・

DSCN0496_20131229005015b98.jpg
アルプス電気(株)新羽寮は、基本的に先輩と二人で一部屋。
退社する前に寮を出て、民間のアパートで、憧れていた独り暮らしを始めていました。

東横線の元住吉駅から徒歩20分くらい、商店街を抜けたところにある「三谷荘」。
1階に大家さんが住み、2階に4部屋の貸し間があり、
4畳半一間で、家賃が確か7,000円/月くらいだったと思います。

そして、雑誌「無線と実験」のページの片隅に掲載してあった求人情報を見て応募したのが、
協立電子(株)、今も健在です。
ホームページを見たら、懐かしい名前が取締役にありました。

今日から1月5日まで休みです、何と初めての9連休!
えっ? 予定? 全くありません・・・  
それに早くも、正月用に買った”黒白波”がなくなる・・・

  1. 2013/12/28(土) 20:59:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こころの風景

201312222132105f4_20131223103854bce.jpg
私のこころの風景です。
45年前、高校を卒業して就職、右も左も判らず上京し入寮したアルプス電気の新羽寮。
(今は所有者も名前も変わっているようですが)
東急東横線の大倉山駅から歩いて数十分、
神奈川県横浜市港北区新羽町、建物が鶴見川新羽橋の袂に今もあるのですね。
グーグルマップで検索した写真ですが、こうして見れるなんて驚きです。

勿論面影はあります、寮内には卓球室や寮生で運営していたバーもありました。
あの頃、毎日早朝に寮長から館内放送でたたき起こされ、
同期入社の仲間と共に、右の鶴見川の土手を皆で早朝マラソン。

新羽橋を渡ると、直ぐ右手に広~い敷地の工場があり、
敷地の隅には、従業員のパートの子供さんを預かる保育園までありました。

・・・出来の悪かった私は、僅か3年で、逃げるように退社しましたが、
今思えば、自分の居場所はあったのに、見つけられなかったような・・・
周りの先輩上司も地方出身の方が多く、恵まれた職場環境だったのにね。

寮の窓から(その頃高い建物が全く無く)、新幹線新横浜駅の明かりがよく見えていて、
ブルーライト横浜や夜明けのスキャットなどが流行っていました。
正平さん、行って見て来てくれませんか。
  1. 2013/12/22(日) 13:29:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海賊と呼ばれた男

DSCN0483.jpg
先日、図書館で借りて読み、大変感銘を受けた百田尚樹さんの海賊と呼ばれた男(上下)。
子供たちにも読んでもらおうと思い、ヤフオクの中古本で買ったものです。
この本の中に、徳山にある出光の石油精製施設の話が出てきます。
実は私が担当しているマンションの屋上から、この施設がよ~く見渡せるのですが、
今までは、何となく眺めていた景色が、
次に見るときは、きっとドラマが頭の中を駆け巡ることでしょう。  ・・・か?な~~~
  1. 2013/12/21(土) 08:42:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

津波戸山

DSCN0434.jpgDSCN0457.jpg
久しぶりに山の会の例会に参加、
津波戸山(展望の全くない三角点は529m)は国東半島に位置し奇岩絶峰が屹立する。
登りはスリリングな西岩尾根を、随所に津波戸山弘法大師八十八ヶ所の石仏が安置されていて、
あたかも石仏に見守られながら、岩登りを堪能することが出来る。
残念ながら山頂は樹木に囲まれ眺望は全く無いが、
その先の展望台からは独特の尾根の全景を望むことが出来る。
遠くに由布岳・鶴見岳等も望めて一度は行ってみたいお薦めの山だ。
昼食を車に忘れた私の為に、食料を分けていただいた皆さんありがとう。
  1. 2013/12/08(日) 08:51:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

dreamdash55

Author:dreamdash55
体力・脳力の衰えをヒシヒシと感じる今日この頃、タメになる話はありませんが、つれづれなるままに書き綴っていきます。尚、信憑性にはあまり自信がありません・・・写真はクリックすると拡大表示されます。

最近の記事

最近のコメント

過去ログ