あしたのジョー

祖母と叔父について

午後から、兄及び妹と共に母の見舞いに、と言うよりも、万一の場合を想定して、今後の対応についての最終確認。
母の兄(叔父)も病院に入っている、90歳をとっくに超えているので、しかたがない。
この叔父と、とっくに亡くなった祖母が今日のテーマ、
我々兄弟四人がまだ幼かった頃、母が私たちを連れて、何かあれば実家を訪ねていた事をよく覚えている。
その頃は、叔父も祖母も元気で、私たちを心から歓迎してくれた。
私たち兄弟は、特に正月を心待ちにしていた、何しろ叔父は、戦後体一貫で農機具店を起業していた為、
お年玉をたくさんくれた、これが子供心に何よりも嬉しかった。
それに、母がよく実家を訪ねていたのは、たぶん、祖母や叔父にお金を借りに行っていたのだと思う。
その頃は、我が家は貧乏(今思えば周りも皆貧しかった)だったので・・・
今でも思い出すのが、母が私たち四人を連れて帰る際に、祖母が庭先でいつまでも見送っていたこと。
私は何度も振り返っては、遠く庭先にいつまでも佇んでいる祖母をみていた・・・
あの時、祖母は何を思っていたのだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/15(水) 21:27:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<右田ヶ岳(10)へ | ホーム | 天気晴朗なれども風強し・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://je4.blog103.fc2.com/tb.php/1151-2bca40ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報

プロフィール

dreamdash55

Author:dreamdash55
体力・脳力の衰えをヒシヒシと感じる今日この頃、タメになる話はありませんが、つれづれなるままに書き綴っていきます。尚、信憑性にはあまり自信がありません・・・写真はクリックすると拡大表示されます。

最近の記事

最近のコメント

過去ログ