あしたのジョー

6月17日(土) 快晴午後曇り

赤岳展望荘(6:00発)…横岳(7:30)…硫黄岳(8:30)…夏沢峠(9:53^10:15)…東天狗(12:26)…黒百合ヒュッテ(13:40着)…(16:35)渋の湯=(16:40)辰野館

赤岳展望荘の朝食はバイキング、品数は多くないが、いつも以上に食べ、外に出れば、
快晴無風、富士山をはじめ、雪をまとった北アルプスから南アルプス他多くの名峰が遠く望まれる。
最高にルンルン気分だが、横岳(2,825m)の通過までは、気の抜けない岩陵帯の連続だ。
途中、キバナシャクナゲ(ヤクシマシャクナゲに比べるとやや小ぶり)が所々に咲き乱れ、思わずシャッターを押す。
硫黄岳山荘で少休憩、冷えた缶ビール(350ml:500円)が、五臓六腑に行き渡り美味いのなんの。
笑顔と愛想のいい可愛いスタッフさんに、小屋付近の開花状況を聞き、散策。
硫黄岳への登りが、ビールを飲んだせいか、こたえる。
硫黄岳山頂(2,742m)は多くの登山者、爆裂火口を見、Iさんとはここで別れ、三人で夏沢峠へ下る。
夏沢峠(9:53着)、思いもかけずシカに出会う、行動食を摂り、東天狗方面に向かうはずが、
何と、オーレン小屋に向かって下山していた、途中で気づき、夏沢峠に戻った。
改めて、東天狗(12:26着)…黒百合ヒュッテ(13:40着)、
黒百合ヒュッテは若い登山者が多い、驚いたのは、天場のテント下に、何とパレットが敷いてあった。
小休憩の後、渋の湯方面に、ゴロ石の登山道を下山、途中3か所の分岐はしっかり確認をし、
予定よりだいぶ遅れて、16時35分渋の湯に到着、Iさんが車を回して待っていてくれた。
今日の宿は、創業100年の秘湯「渋・辰野館」、相当古いが、料理に温泉がこれまた良い。
食事処の分厚い屋久杉のテーブルに並べられた創作料理に舌鼓を打ち、よく飲んだが、後は覚えていない…
スポンサーサイト
  1. 2017/06/17(土) 15:39:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月18日(日) 曇り山口県は晴れ | ホーム | 6月16日(金) 快晴午後曇り風あり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://je4.blog103.fc2.com/tb.php/1243-0163a04d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報

プロフィール

dreamdash55

Author:dreamdash55
体力・脳力の衰えをヒシヒシと感じる今日この頃、タメになる話はありませんが、つれづれなるままに書き綴っていきます。尚、信憑性にはあまり自信がありません・・・写真はクリックすると拡大表示されます。

最近の記事

最近のコメント

過去ログ